nagiブログ お役立ち情報 漫画・アニメ・ラノベ中心に

本(漫画・ラノベ)読んで知ったあらすじ・感想など

 >  漫画あらすじ・感想 おすすめ >  暗殺者である俺のステータスが勇者よりも明らかに強いのだが [ラノベ・、漫画] あらすじ・感想

暗殺者である俺のステータスが勇者よりも明らかに強いのだが [ラノベ・、漫画] あらすじ・感想



暗殺者である俺のステータスが勇者よりも明らかに強いのだが 1 (ガルドコミックス)



1 -- 「暗殺者である俺のステータスが勇者よりも明らかに強いのだが 」とはどんな作品?



元々はライトノベル原作で、「小説家になろう」という小説投稿サイトで現在も連載され続けている。
書籍版の方はオーバーラップ文庫より3巻まで刊済み。

著者;赤井 まつり先生
イラスト:東西 先生


赤井先生は今回の作品がデビュー作となります。

東西先生は過去にも10作品以上のライトノベルの挿絵などの作品を手掛けておられる先生で、過去の代表作には以下のような作品がある。
「老後に備えて異世界で8万枚の金貨を貯めます (シリウスコミックス)」
「異世界チートサバイバル飯 (富士見ファンタジア文庫)」


そして、漫画化もされていて、オーバーラップ文庫初の「コミックガルド」というWEB漫画サイトの方で連載されています。
漫画の書籍化もされていて、2019年1月25日に小説の3巻と同時に漫画版1巻が発売されました。

小説の参考価格(Amazon):
単行本;691円
Kindle(電子書籍):640円

2 -- 簡単なあらすじ


主人公はちょっと影の薄い主人公:織田昌。
ある日、彼の所属いているクラスはクラス丸ごと異世界召喚に巻き込まれてしまう。

召喚された異世界の王いわく、この世界では魔王が復活し世界の危機に瀕しているとのこと。
魔王を倒すための異世界召喚では1人1人に特別な能力が付与される。

ある者は風の魔法使い、ある者は勇者など。
昌は暗殺者という職になっていたが、どうもステータスが普通ではない。

最強とされる勇者よりも圧倒的にステータスが高い状態の暗殺者だったのだ。。。

状況が理解できない昌であったが、なにやら国王が重大な隠し事をしていて、クラスメイト達を危機に貶めようと考えているとわかる。

暗殺者のスキルをいかして、王の企みを暴こうと一人奔走としていたが、暗躍していることがばれ、昌は命を狙われることに。。

異世界でただ1人で城を抜け出した昌は果たして生き残ることができるのか?
また、国王が企みとはいったい何なのか??



3 -- 登場キャラクターの紹介


織田 昌(おだ あきら)

この物語の主人公。見た目は地味目。

現実でも、どちらかというと影が薄い方で、気付くといなくなっているとクラスメイト達にもよく言われている。
その性分が反映されてか、異世界での能力は暗殺者で、隠密行動などが得意。

さらに普通の暗殺者としてのステータスではなく、なぜか勇者よりもステータスが高くなっている。
そのことがばれると何かと不便なので、周りのクラスメイトには勇者よりステータスが高いことを黙っている。
佐藤 司(さとう つかさ)

現実世界にいた時は学校の生徒会長で、容姿もよく運動神経も成績もよい完璧人間。
勇者としての能力をもって、この異世界に召喚される。

ただ、ハーレム願望があるという点と、思ったことが表情に出てしまう点が珠に傷ではある。
昌のことは少し嫌っている部分が垣間見える。

サラン・ミスレイ

異世界の元々の住民で、王国の騎士団長を務めている強者。
光系の魔法を得意とし、昌の特異な強さにも感づいている。

昌の能力を伸ばすために、厳しい指導をしている。

嘘か本当かわからないが、かつて魔王と戦ったこともあると主張している。
何を考えているのかいまいち心の読めない人物。

4 -- 参考になりそうな読者の感想



1 -- 感想その1


完全な俺TUEEE系なろう物語。
そういう作品が好きなので面白いと思った。

主人公は周りとはかけ離れたレベルで達観していて、1人だけ違う世界を見ているような感じがする。
そのため、他の人の意見にもあったけど、好き嫌いが両極端に分かれるような作品であるのは確かだと思う。

また、暗殺者が主人公というのはあんあり見たことがなかったので、新鮮味があった。

2 -- 感想その2


主人公の衣装がとにかくかっこいいなって印象。
実際にあんな恰好しているアサシンはいないだろうけど。

サラン団長は主要キャラの1人になるのかなって勝手に思ってたけど、あんな末路を辿るとは泣。
せっかくどんなキャラクターか詳しく説明したんだし、活躍する場面の1つや2つ作ってあげればよかったのにとは思う(笑)

まあとりあえず1巻ではまだ序論みたいな感じだったし、2巻に期待。

3 -- Twitterでの感想






5 -- 全体のまとめ




今回の記事では「暗殺者である俺のステータスが勇者よりも明らかに強いのだが」という作品についてまとめてみました。

設定は難しくなく、登場するキャラクターの数もそこまで多くないので、誰でも取っ掛かり安い作品だと思います。


文章を読みなれている人は普通に原作のラノベを読んだ方が面白いと思いますが、そうでない人は漫画から読むのも全然ありだと思います。
漫画版サイト[コミックガルド]


最後まで読んでいただきありがとうございます。
関連記事

コメント






管理者にだけ表示を許可する