nagiブログ お役立ち情報 漫画・アニメ・ラノベ中心に

本(漫画・ラノベ)読んで知ったあらすじ・感想など

 >  ラノベあらすじ・感想 おすすめ >  リベリオマキナ [電撃文庫2月新作] あらすじ・感想まとめ

リベリオマキナ [電撃文庫2月新作] あらすじ・感想まとめ






1 -- リベリオマキナとは?



「リベリオ・マキナ」とは第25回電撃小説大賞にて<<銀賞>>を受賞した作品です。
電撃小説大賞に応募時点では、「水無月のメモリー」というタイトルでしたが、書籍化にあたってタイトルが変更されています。

著者は「ミサキナギ」先生で今回の作品がデビュー作のようです。

イラストの「れい亜」先生は過去にもライトノベルの挿絵を担当されている先生。

代表作としては、
「リオランド 01.最慧の騎士と二人の姫」
「世界最高の暗殺者、異世界貴族に転生する (2019年2月発売)」など

リベリオ・マキナの第1巻は2019年2月9日に発売予定
さらに、2月の小説の発売に伴って、コミカライズ化もすでに決定しています。

「月間コミック電撃大王」という漫画雑誌で連載が開始される予定。
開始される日程などの細かい部分はまだ公開されていないので、公開され次第追記しようと思います。

現在試し読みできるページ数が増量していて、作品の雰囲気を試し読みだけでも十分につかむことができます。


2 --1分で分かるあらすじ



1967年、世界の脅威となった吸血鬼の人間の領地への侵略を前に、天才オートマタ技師である白檀春海は<白檀式>と呼ばれる6体の戦闘用オートマタを作成する。

主人公水無月はこのオートマタのうちの1体であったが、戦争直前に不適合の烙印を押され、戦争に参加することなくフリーズされた。

数年後に水無月が再起動するとそこには戦争が終わった世界が広がっていた。
しかし、戦争で戦い、英雄になっているはずの他の5体のオートマタと姿はそこにはない。

起こるはずのない暴走事故で、虐殺の代名詞として歴史に名を残していた。
さらに、暴走したオートマタを食い止めるために、人間と吸血鬼は手を取り合い戦ったため、今では人間と吸血鬼は争いなく共に暮らしていたのだった。

水無月は自らの製作者である白檀博士の実の娘であるカノンとともに、人間のふりをしながら学院に通う中で、過去の暴走事故にも関わっているある陰謀に巻き込まれていく。

水無月たちは"家族"に関する真実を解き明かすことがっできるのか?



このライトノベルの予約・購入は下記からできます。[Amazonリンク]
リベリオ・マキナ ―《白檀式》水無月の再起動― (電撃文庫)

3 --主要キャラクター紹介


水無月(みなづき)

この物語の主人公。
天才オートマタ技師である白檀春海に作られたオートマタの1体。
幸か不幸か、戦争には投入できない「不適合」の烙印を押されたため、春海の作ったオートマタな中で唯一生き残っている。

オートマタであるが、顔立ちは人間そのもの。
どちらかと言えばかわいらしいルックスをしているため、人間と偽って登校している学院では女性ファンも多い。



カノン

白檀博士の実の娘で、年齢は15歳ほど。
血筋からか学校ではいじめを受けているが、そこまで気にしている様子はない。

現在の水無月のマスターということになっていて、共に暮らしている。
事情があり身分を隠してはいるが、実は元公女という家柄である。

将来は母と同じくオートマタ疑似になろうと努力をしている。


リタ

吸血鬼の王である「ローゼンベルク」の娘で吸血鬼。
ある時水無月の戦闘を見て以降、彼の強さに惹かれて、学院にまで転校した。

水無月がオートマタであるとは知らないが、強い人が好きなのか、彼に愛の告白をするなどアプローチしている。
性格は王の娘ということで、甘やかされて育ったため、かなり自由奔放。







4 -- 試し読みを読んだ感想



1 -- 感想

試し読みは増量されていたので、読んでみました。
初めに思ったことは、ストーリー設定が非常にわかりやすく、15ページくらい読めばだいたいの作品の雰囲気が伝わってきた。

試し読みの段階なので、ストーリーが最終的にどういう方向に行くかはまだわからないけど、とにかく面白そうなので1巻は読んでみたい。

電撃小説大賞の金賞とった「つるぎのかなた」の試し読みも読んだけど、個人的にはリベリオ・マキナの方が読みたくなった。


2 -- 感想

ヒロインのリタとカノンのキャラデザいいね。
この先、ラブコメ的な要素ももしかしたらあるのかな(笑)

オートマタが主人公ってことだし、人間との違いがどんなところで表現されるのか楽しみ。
試し読みの段階では、ほぼ人間って扱いっぽかった。


5 -- 全体のまとめ



今回は2019年2月9日に発売される「リベリオ・マキナ」についてまとめてみました。

まだ、1巻が発売すらしていないのに、漫画化が決まるなど、期待の大きな作品です。
オートマタを主人公にしている点も他にはなく、個性のありそうなライトノベルではないでしょうか?

発売されたら、1巻のちゃんとした感想レビューの記事も作成する予定です。
発売を楽しみに待ちましょう!○o。(○゚ω゚)ノャァヽ(゚ω゚○)。o○

このライトノベルの予約・購入は下記からできます。[Amazonリンク]
リベリオ・マキナ ―《白檀式》水無月の再起動― (電撃文庫)
関連記事

コメント






管理者にだけ表示を許可する