nagiブログ お役立ち情報 漫画・アニメ・ラノベ中心に

本(漫画・ラノベ)読んで知ったあらすじ・感想など

 >  ラノベあらすじ・感想 おすすめ >  [ラノベ] 「つるぎのかなた」とは? おすすめの新作! ーーー 漫画版も登場

[ラノベ] 「つるぎのかなた」とは? おすすめの新作! ーーー 漫画版も登場




[ラノベ]つるぎのかなたとは? おすすめの新作!





1..「つるぎのかなた」とはどんな作品?



著者:渋谷 瑞也先生
イラストレーター:伊藤 宗一先生

渋谷先生はこの「つるぎのかなた」がデビュー作の先生で、第25回電撃小説大賞で<金賞>を受賞したことをきっかけに書籍化が決定しました。

近年の人気作である「ソードアートオンライン」や「ストライク・ザ・ブラッド」も電撃文庫大賞が発端となり人気に火が付いた作品ですね。
(第25回電撃小説大賞は大賞なしなので、<金賞>が一番上の賞になっています。)

ちなみに他の賞を取った作品は以下の通りです・

「<銀賞> リベリオ・マキナ」
「<銀賞> 鏡のむこうの最果て図書館」

イラストを担当している伊藤先生は、漫画を描いたり、ラノベのイラストをお描きになっている先生。

以下が担当した過去作の代表例です。

「最強夢装少女の俺がヒロインに正体バレた結果 角川スニーカー文庫」
「常敗将軍、また敗れる HJ文庫」
「いちばんうしろの大魔王 HJ文庫」など


そして、2018年の12月には漫画版の連載も決定しています。
詳細はまだ発表されていないようなので、発表されしだい追記していこうと思っています。


第1巻の発売日は2019年2月9日ですので、楽しみに待っていましょう。

以下からAmazon経由で予約や購入が可能なようです。
予約・購入はこちら


2..1分でわかる簡単なあらすじ


主人公は藤宮高校に転校してきた水上悠という高校2年生。

過去には、高校生以下が参加できる大会で1番大きな大会で、若干14歳の時に優勝経験をもつ天才。

"御剣"の神童とも呼ばれた悠であったが、過去のある出来事をきっかけに、悠は剣道を嫌いになり、二度としないと誓っていた。

そんな悠であったが、藤宮高校に転校してきた初日に仲良くなった友達「城崎俊介」や「二宮千紘」の頼みでしかたなく剣道部の見学に一度だけ参加することになる。

そこで出会った、クラスメイトや後輩の深瀬 史織などと関係を深めていくうちに、剣道を再び始めることを決意する。

そして、現在の高校剣道界の最強の剣士である乾 快晴とも剣を交えていき、最強のその先にあるはずの「つるぎのかなた」を目指して悠達は努力を重ねていく。

一度は剣の道をあきらめた少年が、もう一度剣道を初め、仲間達とともに最強の高みを目指していく。

剣道を題材とした王道スポーツ熱血物語が今幕を開ける!





3..登場人物の紹介



水上 悠(みずかみ ゆう)

この作品の主人公。
過去にある出来事があり、その出来事を原因で剣道をやめた高校2年生。

18歳以下が集まる日本最大の大会(蒼天旗六大道場大会)で、若干14歳にして優勝という快挙をなした天才である。

高校に転入し、新たな学校で出会った友達に剣道部に勧誘され、部に行こうか迷っている。


乾 快晴(いぬい かいせい)

現高校剣道界の最強の剣士。
高校1年の15歳で蒼天旗六大道場大会を勝ち抜き、優勝した。

優勝してもまったく笑わないことから、"笑わない男"と周りからは呼ばれている。

自分より強い存在がいるから。。。と優勝以外の何かを追い続けている。

深瀬 史織(ふかせ しおり)

学校で悠と偶然出会ったことをきっかけに剣道の道に高校から足を踏み入れる高校1年生。

身長が170cmで顔も整っているため、モデルのように見える美少女。
負けることが大嫌いで、勝負事であればなんでも努力を怠らない。

乾 吹雪(いぬい ふぶき)

悠たちとは違う学校の桐桜学園に通っている少女。

快晴の妹で、剣道に熱中していて、「剣姫」と呼ばれるほどの強さを持っている。
もう、同年代に敵はいないような存在だが、さらなる高見を探し求めて、日々鍛錬を積んでいる。

剣道以外は何もできず、テストや課題は全部同級生を頼ってなんとかしている。

4..試し読みを読んだ方の感想



1...感想
「つるぎのかなた」の試し読み増量されたらしいから読んだけど、主人公のキャラデザイケメンすぎひん。

剣道に焦点を当てたスポーツ系のライトノベルということで、漫画版はサンデーあたりから連載されるんかね。
マガジンもワンチャンあるけど。

最近ラノベといったら異世界ものやら俺TUEEE系ばっかで飽きてきてたから、スポーツ系ってのもたまに読みたくなる!


2...感想

渋谷先生デビューおめでとうございます!

試し読み読んだけど、主人公はもちろんだけど他のキャラの個性もたってそうなところが気に入った。

快晴とか史織とか漫画版も出るらしいし、キャラ人気でそうな気がする。

漫画版は誰が描くんかな。

伊藤先生ってラノベのイラストのイメージが強いからそのまま漫画は描かないよな。
描いたらうれしいけど(笑)。

3...Twitterでの感想


4...Twitterでの感想



5..まとめと、このラノベをおすすめできそうな層



今回は2月9日に発売されるつるぎのかなたについてまとめてみました。

剣道をテーマにしたライトノベルは僕が知る限りですが今までないので、マンネリ化しつつあったライトノベルの現状を打破してくれるような作品になるかもしれません。

熱血スポーツ系漫画やラノベが好きなひとにはおすすめできると思います。

雰囲気的には漫画だけど「キャプテン翼」とかに近いのかなって勝手に思っています。
関連記事

コメント






管理者にだけ表示を許可する