nagiブログ お役立ち情報 漫画・アニメ・ラノベ中心に

本(漫画・ラノベ)読んで知ったあらすじ・感想など

 >  漫画あらすじ・感想 おすすめ >  この音とまれ![漫画]を無料もしくは格安価格で読む方法

この音とまれ![漫画]を無料もしくは格安価格で読む方法

この音とまれ![漫画]を通常よりも安く読む方法





1....「この音とまれ!」とは



「ジャンプスクエア(集英社)」にて2012年から連載が始まった琴をテーマとした青春漫画。

著者はアミュー先生で、過去には読み切り作品として

「ミリオンスマイルズ(2010年、(ジャンプスクエア)12月号)」
「5×100(2011年、(ジャンプスクエア)9月号)」

などを掲載している。

裏話として、著者のアミュー先生は実の母が琴教室の先生、実の姉が琴のプロの演奏家という家系で育ったため、作品の中にも本格的な琴の知識が多く入っていて、その辺も現実味があって人気がある理由だと思います。

実際に作品の中で使われている楽曲の中には、アミュー先生の身内が実際にオリジナルで作った作品もいくつかあるとのことで、音楽に興味がある人はその辺も注目してみるとまた違った楽しみ方があるのかもしれません。

以下がオリジナル楽曲です。

[龍星群]----アミュー先生の実の姉
[堅香子]----アミュー先生の実母
[天泣]------アミュー先生の実姉
[久遠]------アミュー先生の実の母


CDにもなっているので、琴をやっている人などは聴いてみるとよいかもしれません。


漫画版は2019年現在、19巻まで発売されている。
累計発行部数は250万部を突破している大注目の作品です。

そして、2018年7月にはアニメ化が決定しました。
放送は2019年4月春に製作:プラチナビジョンで放送予定となっています。

アニメ化の情報につきましてはまた別に記事を作成する予定ですので、興味がある方はそちらをご覧になってください。

以下公式のアニメPVです。



2....簡単なあらすじ



主人公は県立時瀬高校に新1年生として入学した久遠愛。

愛は死んでしまった琴職人である愛のおじいちゃんへの恩返しのために、高校の琴部への入部を考えていたが、中学時代に起こしてしまった暴力事件が問題となり学校側は愛の入部を快く思わないでいた。

自らが更生したことを示すために、愛たちは入部1カ月後全校生徒の前で全員が納得するような演奏をするという約束を教頭とかわす。

1カ月間寝る間も惜しんで練習した結果、初心者とは思えない演奏を披露することができ、無事正式に入部を果たす。

その後は部長の倉田武蔵など、個性豊かの面々とともに琴の大会である「関東邦楽祭」を目指し、日々琴に向き合っていく。

彼らは大会を勝ち抜き、全国大会に出場することはできるのか。

琴をテーマとした、色鮮やかな青春音楽系漫画。



3....キャラクター紹介





久遠 愛(くどお ちか)

この作品の主人公。

中学時代はその地域で名前が通っているほどの不良であったが、親がいない寂しさの裏返しで荒れていいただけで、おじいちゃんの死をきっかけに気持ちが変わり、更生していく。

琴はおじいちゃんの作っていたことを少し触ったことがある程度でほとんど初心者であったが、天性の才能と1つのことにのめりこめる素直さにより、優しさあふれる演奏をするように成長していく。

性格は鈍感で純粋。同級生の鳳月 さとわに恋心をいだいているような描写も多いが当の本人はその気持ちに気づいていない。

現在は、おばのところに居候してせいかつしている。





倉田 武蔵(くらた たけぞう)

学年は愛の1個上で、琴部の部長。

地味で真面目な性格ではあるが内には熱いものをもっていて、愛に対しても間違っていると思ったら意見をいう強さをもっている。

愛たちより琴の演奏歴は1年長いがなかなかうまくならず悩んでいるという一面もあるが、やけにならず努力を続け琴に向き合っている。
後に紹介するクラスメイトの来栖 妃呂に恋心を持っている。




鳳月 さとわ(ほうづき さとわ)

愛の同級生で琴部の部員の女の子。

琴の世界の名門一家である鳳月家の跡取りであったが、当主である母に子供として相手にされないことに寂しさを覚え、大事な演奏会でメチャクチャな演奏をしたことをきっかけに破門されている。

琴の実力は折り紙付きで、同年代には相手になる人がいないレベル。

初めは破門されていることを部員たちに隠してたりしたが、徐々に愛をはじめ部員たちに心を開き、琴曲部がかけがえのない場所であると感じている。




水原 光太(みずはら こうた)

琴曲部の1年生。

愛には中学時代に危ないところを助けられた経緯があり、愛を慕っている。

琴の経験はまったくなくリズム感も周りに比べてないので、まわりに置いておかれがち。
成長が遅く悩むことも多いが、根が明るい性格なので周りに自分が悩んでいることを見せるこをはあまりない。

女性にすぐ抱き着くくせがあり、警戒されがち。
足立 実康と堺 通孝と仲良し三人組という印象が強い。




足立 実康(あだち さねやす)

愛の中学時代からの友達で、堺 通孝と水原 光太とは同じ中学校。

琴の経験はないが同じ弦楽器であるギターの演奏経験があるので、リズム感がよく初めから無難に演奏をこなすことができたが、成長はあまりせず、才能のある愛やさとわに憧れを持っている。。

周りに気を配る優しさを持っていて、愛の過去を知っているだけに気を配っている。




堺 通孝(さかい みちたか)

愛の中学時代からの友達。
ぽっちゃりしていて、琴曲部のマスコット的なキャラクター。

弟や妹など兄弟が多く、練習に参加できないことも初めはあったが、徐々に琴に熱中するようになり練習には積極的に参加している。

実康、光太と合わせて「3バカ」と呼ばれている





来栖 妃呂(くるす ひろ)

部長の倉田と同級生の女の子。

中学時代に友達に裏切られたことがトラウマになっていて、初めは琴曲部の仲良しな雰囲気を嫌い、人間関係を壊してやろうと企んでいたが、部長倉田の優しさに触れトラウマから救われた。

このことから、倉田に好意を抱いている。

琴の演奏経験があり、遅れて部に入部したものの十分に練習についていけている。




滝浪 涼香(たきなみ すずか)

時瀬高校の数学の先生で琴曲部の顧問でもある。

琴に関わったことはないが、父は指揮者で、母と姉はピアニストという音楽一家で育ったためか、作曲家としての天賦の才能を持っている。

その才能を生かし、琴曲部の曲のいくつかは滝浪先生が作っている。

あまり部員に対して、優しさを見せることなくさばさばしているが、実は部員のことをすごく大切に思っている。



4....読んだ方の感想など



1...感想

ツイッターで流れてきた作者ご本人アミュー先生のツイートにひかれてすごくおもしろそうだったので勢いにのって一巻読ませていただきました。
作がもすごい綺麗で愛君の顔がかっこよくて好みです(笑)

イケメンはやっぱり目の保養…。
でもl哲生くんも喧嘩強いところとか愛君に気を使っているところとかあるから、哲生の方が好きかも…。

あと陰ながら愛君のことを貶めようとしているやつらを倒して、愛君を助けてるとことか、それを鼻にかけずに愛に接しているとこをとかすきすぎる。
女の子の中には結構キャラがかっこいいから見てるって人も多いんじゃないかな。

今19巻までだっけ?
まだ完結してないみたいだけど時間あるときに最後まで読みたい作品!


2...感想

私事だけど、昔箏を習っていたので箏曲部の青春コミックと聞いてすぐ読みたくなった。
良くなにかに特化した作品ってあるけど案外薄っぺらいことがほとんど。
だけどこの作品はちゃんと琴について触れつつも、青春を交え面白く構成されているなあって感じた。

読んでいると、ぐいぐい引き込まれて続きが気になっていく。
弱小で廃部寸前の部活を個性あふれる新入部員たちとともに立て直し、さらに強豪・全国を目指す・・・
という王道な部活ストーリーに琴というテーマがいい感じのアクセントを加えていて斬新で面白い。

これから読み進めていくのが楽しみです。


3...感想

無料で1巻読めたので読んでみた。
廃部寸前の箏曲部を新入部員たちが立ちなおしていくというあらすじなのかって感じで読み始めた。

そういえば祖母の家に大正琴があって、子供のときにチラッと教えてもらったよなぁ…と、懐かしい気分で軽く読み始めたら1巻から波乱万丈!

部長の武蔵の頼りない感じには参るけど、ここぞのときはちゃんと部長っぽさをだすあたりがたまらん。

チカは中学時代は荒れていたけど、じいちゃん思いで仲間思いで好き。
だから見た目が怖い印象でもあんなに仲間が集まってくるんだろうなあ。

さとわは正直いいこなんだろうけど、個人的にあんまり好きになれないキャラ。
理由はないけどなんとなく(笑)

愛を頭ごなしに𠮟る教頭が1番腹立つけど、1ヶ月後琴曲部の面々は本当に箏を演奏できるのか。

続きが見たいなあ。

4...Twitterでの反応まとめ






5....「この音とまれ!」を通常価格よりも安い値段で読む方法



<追記:2019/2/7>
漫画を完全に無料で見れるのはU-NEXTですね。
以下で紹介しているebookJapnは格安で読める方法ですが、無料ではないです。
(ただ期間限定キャンペーンのようなので、いつ終了するかはわかりません)
詳しくは以下の記事で紹介しています。
[必見] 漫画やライトノベルを無料で読めるサイトも。 漫画村の代わり

<追記終了>

eBookJapan(イーブックジャパン)という利用するのが最も安く読めると思います。
(あくまで、2019年1月調べで、期間限定のキャンペーンのあるなしによって最安の方法は変化するのでご了承ください)


CMなどで見かけることも多いので知っている人も多そうですが、eBookJapanとはyahoo!グループが運営している国内最大級の電子書籍サイトです。

当たり前ですが、漫画村のような違法サイトではありませんし、yahoo!グループが18年間セキュリティ的な問題を起こさず安全に運営しているサイトですので安心して利用できるサイトです。

では、なぜこのサイトを利用すると安く読めるのか?

以下のようなキャンペーンを利用すると安く読めます。

・「初会員登録時に必ず全員サイト内で利用可能なポイント300pt(1pt=1円)もらえる」

・「会員登録初月に限って、書籍購入金額の50%がサイト内ポイントとして還元される」



このサービスを利用することで、18冊購入するとしたら単純計算で2冊買うと1冊無料なので、12冊分の値段で購入できることになります。

1冊450円としたら、2700円ほど安く購入できることになります。



さらにebookjapanでは2週間周期ぐらいで1巻から3巻くらいまで無料で読める期間限定サービスもあるので、タイミングが良ければそちらのサービスも利用してみるとよいと思います。


6...情報まとめ



今回は「この音となれ!」という漫画についてまとめさせていただきました。

音楽が好きな人や青春物語的な漫画が好きな人には間違いなく刺さる作品なので、ぜひ読んでみてください。

アニメや映画と比べると漫画で泣けるって作品はあまりないイメージですが、この漫画は本当に泣けます・゚・(つД`)・゚・

今年の4月にはアニメ化もするので、アニメから入るのもありだと思います。

最後まで読んでいただきありがとうございます。
アニメ化の記事もでき次第リンクを張りますのでぜひ読んでください。
関連記事

コメント






管理者にだけ表示を許可する