nagiブログ お役立ち情報 漫画・アニメ・ラノベ中心に

本(漫画・ラノベ)読んで知ったあらすじ・感想など

 >  漫画あらすじ・感想 おすすめ >  蜘蛛ですが、なにか?[漫画・小説]を安く読む方法

蜘蛛ですが、なにか?[漫画・小説]を安く読む方法




蜘蛛ですが、なにか?[漫画・小説]を安く読む方法





1....「蜘蛛ですが、なにか?」とは



人気web小説サイトの1つ「小説になろう」で連載小説がもととなった作品。
KADOKAWAから2015年に単行本化
著者は馬場 翁先生、イラストは輝 竜司先生。


2019年1月時点では9巻まで発行されています。
漫画は2015年にwebコミック、そしてヤングエースUPにて、2016年7月に単行本1巻が発売されて、現在5巻まで発売されています。


小説9巻と漫画5巻で、シリーズ累計発行部数は120万部を突破するなど注目を集めています。


さらに2018年7月にはアニメ化決定の発表がありました。
まだ、放送時期は決まっていないようですが、おそらく2020年くらいになるでしょう。♪(o・ω・)ノ))


わかっていることでいうと、CMなどで、主人公とナレーションは声優の「上坂すみれ」さんが声を当てていたので、アニメでもCVを上坂すみれさんが行う可能性が高いのではないでしょうか。

以下、公式のアニメ化PVです。(○´・Д・`)ノ



作者の馬場 翁先生いわく、「蜘蛛ですが、なにか?」執筆前から「小説家になろう」に掲載されている作品をよく見ていて、特に「転生したらスライムだった件」の影響を強く受けて、執筆にあたったそうです。( ̄^ ̄)ゞ

私からみてもあらすじは「転生したらスライムだった件」にすごく似ているのを感じました。(^-^)/


漫画でのイラストを担当した「かかし 朝浩」先生は「モンスターハンター」が好きで、戦闘シーンのイラストや戦い方などは、「モンスターハンター」の影響を受けているとのことです。


Webコミックの方が先に出ていて、あとから単行本を出版した関係で、あらすじの軌道修正のため1,2,3巻は半分くらい加筆修正されてます。6巻以降は前文書下ろし予定とのことです。



2018年1月10日に漫画版の6巻が発売予定でした。


2....「蜘蛛ですが、なにか?」の簡単なあらすじ



主人公は日本で普通に高校に通っていた女子高校生
ある日異次元からの力により、彼女の通っていた学校が跡形もなくなくなってしまう。


彼女も巻き込まれ気を失うが、気づくと異世界に転生していた。
しかも、女子高生だったはずが、自分の体は小さな蜘蛛になっていた。


初めは弱者であったが、生き残るために必死になって魔物と戦っていると知らず知らずのうちに、異世界でも最強レベルの強さを手に入れていた。
その強さにより生き残ることができ、その過程で自分のいる異世界の驚きの真実を知ることになる。


一方で、元の世界で同じ学校に通っていた男子高校生も同じ異世界に転生してきていて、彼は王国の王子様になっていた。
日本から転生してきた蜘蛛がいるとの情報を得て、彼女のことを探す旅に。


2人は無事出会うことができるのか。。?
また、異世界の驚きの真実とはいったい何なのだろうか。。。?




3....読んだ方のの感想




1....感想  肯定的な意見

適応力おばけ、蜘蛛子ちゃんのサバイバル生活物語。
蜘蛛ではあるものの、表情豊かに頑張る姿が何とも愛らしいです。
原作の小説は正直未読なんですが、洞窟の外には広大な世界が広がっているようですね。


早く漫画の方で洞窟の外に出ている蜘蛛子ちゃんがみたいなあ(笑)
転生ものは少し敬遠してた所があるんですが、続きが気になる作品です!


2....感想  肯定的な意見

ゲームキューブで「魔物番長」というゲームをプレイした時の感覚に非常に近いものがあった。
わかんない人が多いとは思うけど(笑)



弱肉強食の世界の中で自らで得たスキルを駆使しながら他の魔物を食い能力を奪い取り、そうして成長して進化してゆく様はまさに「魔物番長」というか、そういう成長物語的なゲームをプレイしているような感覚に非常に近いかなと思います。
転生モノはアニメで少し見る以外は敬遠していたところが正直あったが、ゲームと感覚が近いと考えればわかりやすいのかもしれないなあと思った。


3....感想 (ネタバレ要素が少しあるので注意)

仕事の休憩中に電子書籍にて読みました。
「小説家になろう」というサイトで大人気の異世界転生ファンタジー系の作品。


簡単なあらすじ。
主人公の「私(蜘蛛子ちゃん)」は女子高に通っていた女子高生だった。
ある日、学校にいたはずの私は、まったく知らない異世界に転生していて、体は人間ではなく蜘蛛になっていた。


異世界転生系のテンプレになっている神様からの能力譲渡やなんらかの俺TUEEEなチートは残念ながらなく、普通の最弱種族の小さな蜘蛛としての「蜘蛛生活」を始めるのであった。


見どころとしては、1巻では勇者と魔王の戦いの衝撃で発生した爆発(異世界での出来事)をもろに食らった「私(蜘蛛子ちゃん)」が蜘蛛として生きようとする所で、頑張って応援したいような気持ちが芽生えます(笑)。


4....Twitterでの感想







4....「蜘蛛ですが、なにか?」を通常価格よりも安く読む方法



ebookjapnという電子書籍サイトをご存じでしょうか?

ebookjapnは日本最大の電子書籍サイトでまんが王国などとは異なり、漫画に限らず小説や雑誌の電子書籍も販売している。
日々配信されている書籍数は増えていますが、2019年1月5日時点では 50万冊以上 配信中です。


なぜこのサイトで「蜘蛛ですがないか?」が安い値段で読めるかというと、以下のサービスからです。

・初めての電子書籍購入月に限り、購入金額の半額がサイト内ポイントとして還元されるキャンペーン
 (最大で5000ポイント)

・初登録時に、サイト内ポイントを必ず300ポイント進呈される



小説版であれば1冊約1200円だとして、普通に購入すれば1200×9で10800円
このサイトを通して購入すると、50%ポイント還元で6巻分の値段で9冊購入できるので7200円になります。

さらに300ポイントも全員もらえるので、結果的に4000円ほど安くなる計算になります。ヾ(o´∀`o)ノ

いかがでしたでしょうか?
漫画村のような違法サイトでは当然ないので無料ではありませんが(笑)


ebookjapnはYahoo!Japnグループ18年間も安全に運営しているので、安心感もかなりあります。

関連商品の紹介b




蜘蛛ですが、なにか? 単行本1-9巻セット

↑ ↑
「蜘蛛ですが、なにか」の小説の単行本の小説1~9巻(最新刊2019年1月) 
値段:11664円


蜘蛛ですが、なにか? [コミック] 1-5巻 新品セット (クーポンで+3%ポイント)
 
↑ ↑
「蜘蛛ですが、なにか?」の漫画化1巻~5巻まで纏め売り
値段:3130円
関連記事

コメント






管理者にだけ表示を許可する