nagiブログ お役立ち情報 漫画・アニメ・ラノベ中心に

本(漫画・ラノベ)読んで知ったあらすじ・感想など

 >  ラノベあらすじ・感想 おすすめ >  ソードオラトリア[ダンまち 外伝]を通常よりも安く読む方法

ソードオラトリア[ダンまち 外伝]を通常よりも安く読む方法






1...「ソードオラトリア」とは


正式なタイトルは「ダンジョンに出会いを求めるのは間違っているだろうか外伝 ソードオラトリア」
累計発行部数1000万部を突破した人気ライトノベル「ダンまち」の外伝ということで本編同様に人気を集めている。

著者は本編同様、大森藤ノ先生。
イラストはいむらきよたか先生で、原作は九二枝先生なので、少しイラストの雰囲気が違うのはその影響でしょう。


2016年にはスピンオフにもかかわらず、外伝「ソードオラトリア」としてアニメ化が決定して、2017年4月よりTOKYO MXなどで放送されました。
原作でいうところの5巻までの内容が放送されましたヾ(o´∀`o)ノ


本編も5巻くらいまで1期で放送されて、2期のアニメ化が決まったので、もしかしたらダンまち外伝の方も2期の放送があるかもしれません。
映画化やらアニメ化やらすごく調子がよさそうなのでその波に乗って外伝もお願いしたいところです(笑)



2...「ソードオラトリア」簡単なあらすじ



本編でのベルクラネルを中心とした物語とは異なり、[剣姫]アイズ・ヴァレンシュタインを中心としてアイズが所属している「ロキファミリア」に焦点を当てた物語。

本編のベルが少しずつ成長していく過程を見守る感じとは一風変わって、最強のファミリアで最強の一角のアイズが仲間たちとともにダンジョンに潜っていき攻略していく過程で様々な問題に巻き込まれていく。


ダンジョンの浅い層では見られない、深層域での様々な謎と脅威にアイズが一閃を刻む!
本編では焦点の当てられなかったキャラにも焦点が当たっていて、それぞれの物語が一つに集約していく感じです。


本編にはない、アイズやロキの細かな心情の移り変わりなども描かれているので、また違った楽しみがあります。



3...「ソードオラトリア」を読んだ方の感想



1...感想 肯定的な意見

「ダンまち」の外伝で、本編ではヒロインであったアイズを主人公として進んでいくお話です。
また、アイズだけではなく、アイズの所属しているロキファミリアのメンバーにも焦点が当たることもあり、全体的にキャラクターを深堀しているような作品です。

そのうえ、最強のファミリア1つであるロキファミリアがダンジョンの奥深くの強敵と戦うシーンも描かれていて、本編ではあまりなかったアイズの俺TUEEEも見ることができます。

個人的には、ベート・ローガがアニメや本編では明らかな悪者扱いされていたけど、外伝では割と根はいいやつって感じに描かれていたのが気に入っている。


2...感想 肯定的な意見

本編とは異なり、アイズ・ヴァレンを主役とした外伝。

本編の裏舞台というか、時系列と舞台は本当に本編とまったく同じなので、多少先の展開が読みやすいという点はありましたが、アイズを初めロキファミリアの面々のキャラが個性豊かで十分面白いと感じました。

アニメや本編の小説よりもサブキャラクターの感情が細かく描かれているので、あの場面でキャラたちが何を考えていたのかが明らかになると思います。

それと、やはりアイズ関連の話が多いので、単純にアイズがキャラとして好きという方も気に入るラノベだと思います。

また、前半のロキファミリアの深層を舞台とした話は本編になかったため新鮮味があり、先も予想できない話が多かったので面白かった。。
ベルたちのパーティーが深層のダンジョンに潜るのはまだまだ先でしょうから、外伝ではアイズたちに深層で存分に暴れまわってほしいです。○o。(○゚ω゚)ノャァヽ(゚ω゚○)。o○

 
3...感想 (少しネタバレ要素あります) 少し否定的意見

本編の「ダンまち」の方は13巻まで読み終わった状態ですが、アニメ化もされたので外伝「ソードオラトリア」を読んでみました。

個人的にファンタジー系のライトノベルで一番重要な要素はキャラクターだと思っています。

その点おいてこの外伝はそれぞれのキャラの魅力を詳しく説明している部分もあり、なにより外伝主人公のアイズを好きになれる作品だった。


その上であらすじもそこそこは面白く、展開も一辺倒ではありません。

外伝で、舞台も変えているわけではなく、注目するキャラの視点を変えているだけなので、ある程度あらすじが読めてしまう部分があったのでそこそこと書きましたが、そこを除けば十分完成度は高い作品ではないのかなあ。

ただ、少し残念に思ったのは時々小学生が描いたのかなって思うような稚拙な文章が目に留まった。
そこが次巻以降徐々に修正されていけばさらに完成度はたかくなり、外伝としては十分すぎると思います。

4...Twitterでの感想







4...「ソードオラトリア」を通常よりも安く読む方法



ここで紹介するのは、広告などで知っている人も多いとは思いますが「BOOK☆WALKER」という電子書籍サイトです。

「BOOK☆WALKER」では2018年から2019年1月現在まで、初登録者に大変お得なキャンペーンを実施しています。
(キャンペーンは予告なく終了する可能性があるようなので、サイトで確認してみてください。)

具体的なキャンペーン内容としては、

「無料会員登録者であれば初回購入に限り、購入した合計金額の50%の金額がポイントとして帰ってくる」というキャンペーン。
しかも巻数の制限などは一切ないようです♪(o・ω・)ノ))


つまり、もし「ソードオラトリア ダンまち外伝」を購入する場合、
普通に購入すると全11巻で

650×11で7150円

しかし、BOOK☆WALKERを通じて購入した場合、単純計算で3冊に1冊無料なので2000円ほどお得になり5200円ほどで全巻購入することが可能となります。

漫画村のように無料ではありませんが、当然合法です(笑)

50%還元は業界でも今のところ最大ですので、キャンペーンが終了してしまう前に利用しておきましょう。∠( ^ o ^ ┐)┐ ヨォ…


初回購入に限りですので、間違って一巻だけ購入してしまったりすると非常に勿体ないので、よく考えてから購入するとよいと思います(^-^)/

[BOOK☆WALKERのリンク]
↓ ↓


「BOOK☆WALKER」のその他特徴

・約560000冊と豊富なラインナップ

・まんが王国などと違ってライトノベルや小説も扱っている。

・他の多くの電子書籍サイトと違い月額利用料が一切かからず、1冊からの購入も可能です。

・出版社はKADOKAWAグループと大手のため安心感がある。

・お支払方法も充実。




5...外伝の関連商品



アニメ「ソード・オラトリア ダンジョンに出会いを求めるのは間違っているだろうか 外伝」
一気見Blu-ray


ソード・オラトリア ダンジョンに出会いを求めるのは間違っているだろうか外伝 限定版 北米版DVD+ブルーレイ 全12話収録 BD



関連記事

コメント






管理者にだけ表示を許可する