nagiブログ お役立ち情報 漫画・アニメ・ラノベ中心に

本(漫画・ラノベ)読んで知ったあらすじ・感想など

 >  漫画あらすじ・感想 おすすめ >  金色の文字使い[漫画]を安く読む方法   あらすじ・感想まとめ

金色の文字使い[漫画]を安く読む方法   あらすじ・感想まとめ




記事目次

①金色の文字使いとは

②簡単なあらすじ

③参考になりそうな感想

④「金色の文字使い」を通常より安く読む方法




✔「金色の文字使い」とは

ネット小説投稿サイトで有名な「小説家になろう」というサイトで十本スイ先生が連載しているライトノベルが原作である。

十本スイ先生は「金色の文字使い」以外にも「ロードオブリライト」など他作品のシリーズ化もされている人気ライトノベル作家です。





原作ライトノベルは2018年12月現在でシリーズ累計60万部を突破した作品。
元はweb小説であったため、その際の合計PV数はなんと3億7000万を突破する人気ぶりである。


コミカライズ化もしており「ドラゴンコミックスエイジ」という月刊漫画雑誌(KADOKAWA)より刊行されている。


Web版は2015年4月18日に本編は完結していて、web版は個人的には、正直中途半端かなって感じでモヤモヤが残る感じで終わっています。
文庫版の方は2018年12月現在も続いているので、移行するためにはしかたなかったとは思いますが(笑)

現在、原作の小説:13巻まで
漫画:8巻まで刊行されています。



✔簡単なあらすじ

普通の高校生であった主人公:丘村日色はある日突然。クラスメイトとともに異世界に召喚されてしまう、、というところから物語は始まる。


異世界召喚により呼び出された者は勇者としての能力を持っているというのが物語となる世界では普通らしく、その通り主人公日色以外のクラスメイトはみな勇者としてふさわしい能力を備えていた。



しかし、日色は勇者の称号も強そうな能力も持っていなかった。
あるのは、「文字魔法」という謎の能力のみ。


結果として、日色は勇者認定されず召喚された国から追い出される形に。



ところが、この能力がかなりのチート能力。
文字があまり発達していない異世界の人達にとっては使い道のない能力であったが、日本から来た日色にとっては思ったことがなんでもできるような能力だった。


「防御」と空中に書けば、防壁が現れ、「炎」と書けば炎が出現する(笑)
こんな感じの超チート能力を使って異世界を旅していくお話。



異世界には当然、魔物やドラゴンのようなモンスターもいるので、そんな強力な敵を能力を存分に使って気持ちよく倒していきます。

「魔法科高校の劣等生」や「転生したらスライムだった件」など俺TUEEE系の漫画やライトノベルが好きな人は間違いなく好きな作品であると思います。

[Amazonのリンク]

金色の文字使い-勇者四人に巻き込まれたユニークチート- コミック 1-6巻 セット


✔参考になりそうな感想

1.感想

普通の高校生が異世界召喚に巻き込まれてしまうところから始まる物語。
異世界からの召喚者は勇者として召喚されるはずであったが、主人公の丘村日色はなぜか勇者としての能力を持っておらず、能力は謎の「文字魔法」という魔法。

しかし、この魔法が最強すぎて、なんでもありで俺TUEEEし放題(笑)

俺TUEEE系が好きな自分としてはドンピシャで好きな漫画でした。


記憶に残っているのは、やっぱりやみつき海鮮麺の場面ですね。
その場面だけジャンプの「食戟のソーマ」を思い起こされる料理系漫画みたいになってた(笑)。

割とこの場面がたまらなく好きな人も多いのではって勝手に思ってる。

2.感想

Kindleで最新刊まで一気に読みました。
何日かで読む予定だったけど、面白すぎて一夜で読んでしまったよ。
気づいたら、朝の4時で次の日の仕事きつかった(笑)

あらすじももちろん好きだけど、絵が綺麗なのがやっぱりええね。

魔法で戦うのは「フェアリーテイル」に似ているけど、魔力って概念なさそうだし、魔法打ち放題だから俺TUEEEが加速しまくっている。

でも「伸」って字を剣に書いて剣を伸ばす場面はなんか他の魔法に比べてショボすぎてなんでそこでその魔法を感が強かった。
個人的にだけど。。 

それとヒロインのミュアがかわいいので、普通に歩いてるだけのシーンでも絵が持つわ。

もちろん、しのぶちゃんもすごくかわいいけどね。

しばらくは続きそうだけど、似たような作品が多いから生き残ってくれるのを祈るばかり。

まあ、あらすじは他の作品に似てても、絵のレベルは間違いなく目をみはるものがあるから、人気はやっぱろそうそう落ちないと思うかな


3.感想 ネタバレ要素少しあります

主人公のサバサバとしていて、ちょっと自己中な性格を受けいれることができるかできないかで、この漫画に対する評価は大きく変わると思います。
僕はちょっと主人公の性格が鼻についてしまって、受け入れにくかったですかね。

あらすじは「文字魔法」を主人公が使うっていうの以外は、そこまで目新しいものではなく、他の異世界召喚ラノベを漫画にした感じ。
この魔法も考え方次第ではマジで無双しちゃうので、なにかしら制限をかけたほうがよかったと思う。
(例えば威力はこんぐらいまでで、連続発動できないなど)

例えば、相手に「無」と書けば相手はいなくなるのかって話になってくるし(笑)
まあこれは極端な例だけど、真面目に主人公が負ける可能性が一ミリもないっていうのはどうなのかな。

俺TUEEE作品が好きな人はこういう作品が好きなのかもしれないけど、そうじゃない人にはハラハラもしないし、微妙な感じだと思います。

でも、絵は綺麗で、そのおかげである程度面白く感じるかもしれません。

以上感想でしたが、あくまで個人的な意見で、辛口評価気味なので、あんまり参考にしないように。



✔「金色の文字使い」を通常よりも安く読む方法

この章では、無料とはいかないものの通常よりも安く「金色の文字使い」を読める方法があったのでご紹介いたします。


CMなどで結構流れているので、ご存知の方も多いとは思いますが、電子書籍ストア BOOK☆WALKERという電子書籍サイトを利用すると安い値段で「金色の文字使い」を読むことができます。



BOOK☆WALKERでは初回購入に限り、購入額の50%をサイト内で利用できるポイントとして還元してくれるサービスを実施しています。ヾ(・∀・)ノ

(サービスは予告なく終了する可能性があるとの記載があったので、この記事を読んでくださっていただいているタイミングで利用できるかはわかりませんので、ご自分で確認してみてください)


このサービスを利用すると、例えば「金色の文字使い」を現状の最新刊の8巻まで買うとしたら1000円以上お安く読むことができます。

初回購入のみなので、購入の際はじっくり考えた方がよいと思います。ヾ(・∀・)ノ

調べたところ冊数の制限はないみたいなので、1冊だけ買ってしまったりすると少しもったいない感じがします。



ちなみに、期間限定で1巻無料読みのキャンペーンなども頻繁にやっているので、なにがなんでも無料で読みたいという人は、そういう期間限定無料サービスを利用すれば1巻だけですが、いろいろな作品を楽しむことはできると思います。



会員登録が無料ですので、初めの50%ポイント還元キャンペーンだけの利用でも利用価値は高いので一度お試しください。

こちら登録サイトとなっております。♪(o・ω・)ノ))
↓↓↓↓
関連記事

コメント






管理者にだけ表示を許可する