nagiブログ お役立ち情報 漫画・アニメ・ラノベ中心に

本(漫画・ラノベ)読んで知ったあらすじ・感想など

 >  アニメ・ラノベ・ランキング系 >  [ラノベ]魔法科高校の劣等生 強さランキング 最強は誰だ? 27巻まで

[ラノベ]魔法科高校の劣等生 強さランキング 最強は誰だ? 27巻まで




今回は大人気ライトノベル魔法科高校の劣等生の強さランキングを作成してみました。

27巻まで読んだうえでのランキングですので多少のネタバレ注意です。ヽ(`ω´*)ノ彡☆
おすすめのライトノベルなのでぜひ読んでみてください
何か意見ありましたらコメントでお願いします。

✔強さランキング10位


千葉エリカ



ちょっと個人的な感情が入った気もしますが、千葉エリカちゃんを10位にしました。
理由としては、達也の友達である幹彦やレオ、ほのかなどの中では一番活躍シーンが多く、おそらく一番強い。
リーナともかなりいい勝負をしていたし、近距離戦闘ではかなり強いほうではないだろうか

また、才能を感じさせるような描写も多く、潜在能力も加味してこの順位とした。

✔強さランキング9位

イゴーリ・アンドレイビッチ・ベゾブラゾフ

新ソビエト連邦の戦略級魔法師の一人。
戦略級魔法であるトゥマーン・ボンバを使い、達也たちに攻撃をしかけた張本人。
深雪のガーディアンである桜井みなみや一条家の現当主である一条剛毅を戦闘不能に追い込むなど実力があるのは間違いない。
さらに大型のCADを製造できる技術ももっているようなので、十三使徒のなかでもかなり強いほうなのではないだろうかb(’0’)d

✔強さランキング8位

リーナ(アンジェリーナ=クドウ=シールズ)



九島烈の弟の孫であるため、ミドルネームにクドウが入っている。
USNA(アメリカの魔法師機関)で最強を示す称号である「シリウス」を与えられていて、戦略級魔法であるヘビィ・メタル・バーストを使用できる。
年齢的には、達也と深雪と同じでかつて第一高校に留学に来た際に達也たちと交流を持っている。
達也によれば、リーナは優しすぎるため軍人には向いていない性格。魔法力だけであれば深雪に勝るとも劣らない強さであるが、非情になれない性格が足を引っ張ってしまっている。

26巻ではUSNAを出て、四葉家の保護下に入っている。

✔強さランキング7位

九重八雲(ここのえやくも)

古式魔法を使いこなし、魔法師というよりは忍びの部類に入る。
達也に体術を教えるほどの実力者であり、それに加え古式魔法も使えるのであるから強いに決まっている・・・
今は俗世間から離れて隠居している身ではあるが、現役時代は「今果心」という異名で恐れられていた。

✔強さランキング6位


司波深雪(しばみゆき)




司波達也の妹であり、圧倒的な美貌の持ち主。
魔法大学付属第一高校入学試験をトップの成績で突破し、圧倒的魔法力を誇る。

また、6位のリーナのような性格面における弱さもなく、いざとなれば非情になることもある。

魔法は分野を問わず使用可能ではあるが、中でも分子運動を原則させる振動系魔法(見た目では冷却魔法)が最も得意だ。
広域振動減速系魔法「ニブルヘイム」なども苦もなく発動可能である。

ただし、振動系の冷却魔法はただ魔法力が高いため、後天的に得意になっただけに過ぎず、彼女が生まれ持った力は精神に干渉し凍結させる系統外魔法「コキュートス」である。
✔強さランキング5位

十文字和人(じゅうもんじかずと)

国立魔法大学付属第一高校の元部活連代表で、今は魔法大学に通っている。
十氏族の1つ十文字家の現当主でもあり、多忙な日々を送っている。

身長は185cmですごい大男というわけでもないが、制服の上からみてもわかるほどの筋肉を持つため、達也もできれば戦いたくない相手と評価していた。(実際は戦ったわけですが(笑))

使用する魔法は「ファランクス」という魔法で、どんな魔法もよせつけない領域防御に特化している。
しかし、ファランクスを攻撃に応用し、すさまじいタックルを繰り出すこともできるので、そこらの魔法師と比べて攻撃性能でも圧倒できる。

達也との勝負では、達也の切り札「バリオンランス」の前に敗れはしたものの、再生と分解に対しては見事に対応していた。

✔強さランキング4位

九島 光宣(くどうみのる)

世界最巧とされた九島烈の実の孫であり、第2魔法科高校の生徒。
しかし、調整体であるためめか、生まれながらの虚弱体質であるために、たまにしか学校には通えていない。

いままでも調子がよいときは、高い魔法力や九島の秘術であるパレードを使って戦えるため、高レベルの魔法師であった。
さらに、26巻の時点でパラサイトを体に取り込んだことによって、虚弱体質は治り、魔法力もさらに高まった。

達也に勝てるほどではなかったが十氏族の七草真由美にも勝っていて、今後の動きが気になる人物の一人でしょう。w(゚o゚)w

✔強さランキング3位

一条将暉(いちじょうまさき)


魔法科高校の劣等生(27) 急転編 (電撃文庫) [ 佐島 勤 ]



魔法大学付属第3高校に通っている学生でありながら、十氏族の1つ「一条」の跡取り息子である。
顔良し、腕良し、頭良しの三拍子がそろったエリート((((;゚Д゚)))))))

一条家の得意魔法である「爆裂」を使用して、以前の戦争で活躍したことが評価され、「クリムゾン・プリンス」の2つ名をもっている。

一条家の切り札である「爆裂」は、対象に打ち込むことで体内の液体を気化させることで、体を膨張させ破壊するというチートじみた魔法である。

さらに、最新刊の27巻では、達也の助けもあったが戦略級魔法「海爆(オーシャンブラスト)」の発動に成功し戦略級魔法師の仲間入りを果たした。


✔強さランキング2位


四葉真夜(よつばまや)

十氏族最強と言われる「四葉家」現当主であり、達也や深雪の実際のおばにあたる人物
呼ばれ方には「極東の魔王」や「夜の嬢王」などいろいろある。

原作でも本気で戦ったシーンはまだないので迷ったところだが、達也が「魔法の相性がいいため、なんとか1対1であれば真夜に勝てる」と言っていることから、少なくとも達也に近い実力はあると思われる。

使用する魔法は、「夜」とも呼ばれている流星群(ミーティアライン)であり、光線のシャワーを空から降らして攻撃する技のようだ。

おそらく今後、達也と戦うことになるような気がするが、間違いなく激熱展開になりそう(*σ´Д`*)

✔強さランキング1位

司波達也(しばたつや)


魔法科高校の劣等生(7) 横浜騒乱編〈下〉【電子書籍】[ 佐島 勤 ]


最強of最強お兄様ですね(^-^)/
原作では、師である九重八雲との会話で、深雪になにかあったら世界を破滅に追い込む可能性があることを達也自身も否定していない。
能力としては、分解、再生、精霊の眼、八雲直伝の体術、フラッシュキャスト
極めつけは戦略級魔法である「マテリアルバースト」。
他にも戦略級魔法師はいますが、使い勝手の良さと威力を考えれば、現状(27巻現在)最強の魔法といえるでしょう。


分解と再生を使うだけでも戦争では大活躍ですので、殲滅量、殲滅領域で言えばほかの魔法師の追随を許しません。

お兄様の凄さを列挙し始めると終わりがないこと自体が達也のすごさですかね。


魔法実技の成績が悪く劣等生のレッテルを貼られていた1、2巻の話が懐かしいレベルで最近は最強が加速してきていますヽ(´∀`)ノ

関連記事

コメント






管理者にだけ表示を許可する